コールドプレスジュースってどうやって作る?

コールドプレスジュースってどうやって作る?

コールドプレスジュースとは低速圧搾という製法でスクリューを低速回転させて材料を押しつぶすようにして搾り、摩擦や熱で失われやすい酵素やビタミンなどの栄養が守られて酸素に触れにくく酸化が抑えられるようにして作られたジュースです。

 

余分な水分などを使わずに作るので、栄養価が高いのが特徴で免疫力の向上や疲労回復、アンチエイジング、ダイエット、解毒作用、デトックスなどに効果があるとされています。

 

 

コールドプレスジュースは低温低圧圧縮方式のジューサーで作るのが理想ですが、
なければ普通のジューサーでも作ることができますし、
ジューサーがなくてもミキサーやフードプロセッサーがあれば作ることができます。

 

ジューサーなしでのコールドプレスジュースの作り方

 

ジューサーなしでのコールドプレスジュースの作り方は簡単です。

 

材料はオレンジ2個、ニンジン1/2本。黄パプリカ1/2個です。
作り方はまずオレンジの厚皮をむいて、適当な大きさに切ります。
ニンジンと黄パプリカも適当な大きさに切ってください。
次に、全ての材料をミキサーまたはフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで混ぜてそれをガーゼで絞れば出来上がりです。
絞るときには優しくガーゼで包んでもみこむように絞るのがポイントです。
材料は好みの野菜や果物を使って好きなようにアレンジすることができます。

ただしバナナやマンゴーのような柔らかいものは水分を練りにくいのであまり向いていません。